十楽(じゅうらく)

 

「十楽」は極楽の意味があります。
昔、桑名は繁栄する自由都市「十楽の津」と呼ばれておりました。

紅白の折鶴は、一枚の紙に切り込みを入れ、切り離さずに連続の鶴をつなぐ折形で、江戸時代に考案された折形の一つです。
「桑名の千羽鶴」と名付けられ、折り方が桑名市の無形文化財に指定されています。

「十楽」を通して、炭火を使って焼きあげた桑名伝統の米菓「たがね」を召しあがって頂くと共に、桑名の伝統文化にも近づいて頂ければと思います。

 

たがねや

ご注文は、こちらからどうぞ →→→商品一覧